化粧品の選び方に注意|敏感肌でも安心して使える

スキンケアをする人

肌の状態を知りましょう

化粧品

敏感肌は肌の表面の角質層に潤いがなくなっている状態のことを指し、わずかな刺激にも過敏に反応してしまいます。ですから肌に潤いを与える化粧品を選びましょう。低刺激、無着色、無香料のものが良いでしょう。また、化粧下地は肌の保護のために必要です。弱めのUVカットの化粧下地がお勧めです。

添加物の有無を調べる

ウーマン

敏感肌の人は無添加で保湿効果の高い化粧品を選べば、肌への刺激が少なく、バリア機能も高められるので、湿疹や吹き出物などが出来にくくなります。敏感肌用の化粧品選びに悩んだら、美容サイトの売り上げランキングを参考にするようにしてください。

選び方や相場

女性

敏感肌の人は、きちんと敏感肌用の化粧品を使わないと駄目でしょう。市販は勿論ですが、ネットでも多くの化粧品が販売されていて、口コミや評判などが見れますので、買ってから失敗する事が避けられて良いでしょう。

肌トラブルを予防しよう

婦人

成分チェッツクは大切です

せっかくメイクでキレイになりたいのに、敏感肌で化粧品選びに苦労している方は結構いらっしゃることでしょう。TVCM等で有名な化粧品を試してみたら、急に肌が赤くなってかゆみが生じた、また、メイク後、日光に当たったとたんに赤くはれ上がってしまったなど、敏感肌ゆえの肌トラブルは本当に辛いですね。また、買ったばかりの化粧品をすぐに使えなくなってしまうといのも悲しいことです。化粧品で肌が赤くなり、ピリピリする、髪などが触れるとかゆくなる、洋服などの摩擦で肌があれる、こんな症状が日常的にある場合は、お肌のバリア機能が保たれず、乾燥が悪化したことで敏感肌になりかけている兆候だといえるでしょう。今まで「敏感肌」と意識していなくても、ストレスや環境、アレルギーなどから、突然のように敏感肌になってしまうこともあります。そんな状態の時に強めの成分の入った化粧品を使えば、さらに敏感肌を悪化させることになってしまいます。敏感肌の化粧品選びに大切なのは成分チェックです。まずは、刺激になるような成分が入ってないことを確認しましょう。例えば、アルコール、鉱物油、パラベン、着色料、香料などは、おもな刺激成分といわれています。ごく少量含まれている場合などでも、パッチテストなどで試すことは大切ですね。逆に、セラミトなどはうるおい成分などにより、敏感肌のバリア機能回復に役立つといわれている成分なので、積極的にとりいれると良いですね。肌表面の乾燥をふせぐことで、ある程度、肌への刺激をやわらげることができます。