化粧品の選び方に注意|敏感肌でも安心して使える

女性
  1. ホーム
  2. 肌の状態を知りましょう

肌の状態を知りましょう

化粧品

肌のバリア機能を取り戻す

敏感肌とは外部からの刺激に過敏に反応してしまう状態で、肌のバリア機能が低下している状態と言い換えることもできます。本来、肌の表面は水分と油分が上手に混ざり合い、皮膚を保護する膜の様な状態で皮膚を守っています。しかし水分と油分のバランスが崩れると、敏感肌になってしまいます。生来、肌質がそうなっている人もいますが、多くは間違ったスキンケアや正しい化粧品を選んでいないことが原因の場合もあります。敏感肌の人はなるべく低刺激の化粧品を選びましょう。無着色、無香料のものが望ましいでしょう。また、アルコールが添加されている化粧品は刺激が強いので避けましょう。セラミドやヒアルロン酸など保湿能力の高い化粧品はお勧めです。肌を覆うバリアの役割をしている膜を角質層と言いますが、この角質層に潤いを与えることが敏感肌を改善することになります。したがって、保湿クリームなど肌の水分不足を補う化粧品も合わせて使うことが基本になります。そして重要なのは面倒でも化粧下地を塗ることです。化粧下地を塗ることで化粧の仕上がりが良くなり、さらに紫外線、乾燥から肌を守るという働きも兼ね備えています。化粧下地は肌に直接、触れるものなので慎重に選びましょう。UVカットを施してあるものが望ましいですが、紫外線防止効果が高いものは肌への刺激も強いため、弱めのものを使うと良いでしょう。紫外線は一年中、降り注いでいますので対策は念入りに行いましょう。