化粧品の選び方に注意|敏感肌でも安心して使える

女性
  1. ホーム
  2. 添加物の有無を調べる

添加物の有無を調べる

ウーマン

無添加なら安心して使える

敏感肌の人が化粧品を選ぶときは、まず最初に添加物の有無をチェックするようにしましょう。香料や着色料などの添加物がたっぷり入っていると、肌の弱い人には刺激になるので、つけるたびにピリピリしたり、痛みやかゆみを感じるようになります。有名メーカーの高級化粧品だから肌に良いというわけではないので、どんな商品でも購入前に添加物を調べることが大切です。また敏感肌の人は、普通肌の人よりも外界から受ける刺激に弱いため、乾燥したままにしていると、埃や紫外線、花粉、排気ガスなどの刺激に耐え切れずに、湿疹や吹き出物が出来やすくなります。ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分をたっぷり配合した化粧品をつけていれば、肌の乾燥を予防し、バリア機能を高められるので、多少の刺激を受けても、肌荒れすることはないでしょう。敏感肌用の化粧品の多くは無添加で、香料や着色料などの余計な添加物は入っていませんし、ヒアルロン酸などの保湿成分も豊富に含まれているので、刺激を受けやすい肌を優しく保護することが出来ます。年齢が高くなるにつれ、肌内部の保湿成分が減少していくので、潤いが足りないときは化粧品で補給し、外界からの刺激に負けない肌にするようにしてください。敏感肌用の化粧品は各メーカーから出ていますが、どれを選んだら良いかがわからないときは、美容サイトで発表されている売り上げランキングを参考にすれば、人気がある商品を知ることが出来ます。近くのお店で見つからないときは、ネット通販で取り寄せると良いでしょう。